© 2019 by Seiokan Ltd.

​農家さんのお話を聞いてきました

東松島のハーブ農園ではレソンシエルジャポンの商品に使用されている無農薬のハーブが栽培されています。

東松島ハーブ農園をもっと皆様に知っていただきたいと思い、農園を運営している農家さんの声をお届け致します。

※無農薬のハーブを使用しているのはレソンシエルジャポンが開発している商品のみになります。ハーブティーやその他のアロマ商品は異なります。

​(東松島ハーブ農園を運営している渡辺さん)

東松島ハーブ農園は震災後からEM土壌を用いた栽培法を行っており、育ったハーブは無農薬で香りが良いものばかりです。この質が高く、愛情がこもったハーブを育てているのは東松島の農家の方々です。今回、農園を代表して農家の渡辺さんに農園に対するお気持ちや今後についてお話を伺ってきました。

まず、震災後からスタートした農園で、最初はどうなるかもわからなかったと語る渡辺さん。ですが、「高齢者の方や被災された方々が育てたハーブたちを見て、元気が出たと言ってくれました。その言葉を聞いてわたしもさらに頑張ろうという勇気がわきました」と今後の農園の発展を感じさせるお言葉をいただきました。​

今後渡辺さんは育てたハーブを使って、ハーブティーやエッセンシャルオイルの作成を視野に入れており、ハーブの力でたくさんの人を幸せにしたいという熱意が伝わってきました。

​農園では渡辺さんをはじめとした農家の方々が丁寧にハーブを育てており、みなさん自然が好きで、ハーブに関する知識も豊富な方ばかりでした。

実際に農園に行くと農園内を案内してくださり、ハーブを直接触ったり、匂いを嗅ぐことができたり、そのまま食べられる物をいただけたり、大変親切に教えていただけます。

​自然のハーブを見て触れて感じることができる機会は多くないと思います。ぜひ、一度東松島ハーブ農園へお越しください。

開園情報

開園期間 5月から10月

開園時間 午前10時から午後3時まで

定休日  毎週火曜​日

​連絡先  090-6851-7383

​※土がぬかるんでいる場合がございますのでスニーカー等でお越しくださいませ。

まってるよー!