手軽に森林浴【青森ヒバ】の魅力

2020/08/25

ヒバは日本で古くから馴染みのある樹木のひとつです。 香料としてだけでなく、木材としても有名で、特に青森県産の青森ヒバは日本三大美林のひとつとしても知られています。 青森ヒバ 【学名】 Thujopsis dolabrata 【科名】ヒノキ科 【抽出部位】 葉 【抽出方法】 水蒸気蒸留法 【原産国】 日本(青森) 【主成分】 ヒノキチオール 【揮発度】 ベース 【相性の良い精油】 クロモジ 、 レモン 、 ベルガモット 、 ローズマリー ■ヒバの特徴について 300年以上の年月をかけて育つ青森ヒバは腐りにくい、耐水性があるなど建築材とをはじめ、優れたその性質をいかして多方面で活用されています。シロアリを寄せ付けないというのもその1つで、材木として優秀なため、キッチン用品からお風呂まで広く日用品に活用されています

あの有名な岩手県平泉の中尊寺金色堂も「青森ヒバ」建築の一つで、およそ900年近くを経た現在でもほとんど腐敗がなく材質の変化がないと言われております。素晴らしい! ■ヒバの主成分ヒノキチオールって? 青森ヒバのエッセンシャルオイル(精油)に含まれる成分は約40種ほどあるといわれます。 そのなかでも注目されるのは「ヒノキチオール」。 ヒノキチオールは非常に優れた殺菌・抗菌作用、さらに抗真菌(カビにも有効)、ダニにもいいとされます。 また消炎作用もあるとされています。 ヒノキチオールはその名前から、日本のヒノキにも多く含まれていると思いがちですが、一般的な日本のヒノキにはヒノキチオールはほとんど含まれていません。ヒノキチオールという成分を含むヒノキは「タイワンヒノキ」という種類です。タイワンヒノキは自生数が減少していて、現在天然ヒノキチオールを抽出できる原料は、そのほとんどが青森ひばとされます。 ■ヒバの効能効果について

  1. 殺菌効果・防腐

  2. 害虫の禁忌効果、防虫(ゴキ・クモ・蚊やその他イロイロ)

  3. ペット(特に犬)のダニ・ノミ予防

  4. ペットの皮膚病の緩和にも(薬ではないので、清潔に保てるという面が大きいかと)

  5. 水虫やアトピー性皮膚炎にも

  6. ヒノキの香りと同じ、樹木のいい匂いでリラックス

それにしても自然の力って凄い!加工や化学薬品を使っていないのにこんな効果がたくさん

■ヒバ(精油)の使い方 以前ご紹介しました アロマウッドに数滴垂らして香りを楽しむ ヒバはフレッシュな樹木の香り。 心を落ち着かせる作用があり、深い森の中で森林浴をしているような気分を味わうことができます。 ストレスを和らげる効果もあるため、神経の興奮によって引き起こされる不眠の軽減にも有効です。 不安を解消したいときや、イライラを抑えたい時に使うと効果的です。

*画像をクリックするとYahoo Shoppingに飛びます。 虫が嫌がる香り もともとヒバは虫がつきにくく、害虫の禁忌効果、防虫に効果がある木材と言われています。 アウトドアでの虫除けやペットのダニ除け消臭にも◎

入浴剤として 湯船に数滴垂らして、しっかりかき混ぜれば浴室いっぱいにヒバの香りが広がりリラックスした入浴が楽しめます。また、ヒノキチオールの高い殺菌作用によって肌を清潔に保つことができ、保湿効果もあるのでアトピー肌、トラブル肌の方にオススメ。

消臭効果 青森ヒバの持つ抗菌性は、雑菌を繁殖させないこと、雑菌から出る悪臭を防ぐ効果があります。匂いの気になる靴箱やトイレ、洗濯機の洗剤と一緒に数滴垂らして頂くと部屋干しの嫌な臭いを消臭します。

■まとめ ヒバは、心を落ち着かせたり、肌を健康的に保つだけでなく、消臭や防虫、殺菌など私たちの暮らしに役立つ効果がたくさんあります。天然精油100%なのでペットや小さなお子様がいても安心して使うことができます。 生ごみ入れや排水溝の防臭にも役立つのでヒバ精油を一本持っておくとさまざまなことに応用できます。 日本で長年親しまれたヒバの持つ力をぜひご家庭でも活用してみてください。 ご購入はこちらから☟ ~エッセンシャルオイル~    ~おやすみアロマミスト~